2010年01月

ブログ初心者の無料アクセスアップ法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセスアップキーワードアドバイスツール

WEBサイトのタイトルや記事のタイトル付けで
SEO対策を考慮し検索エンジンからのアクセスを呼び込む際に

ユーザーが検索するであろうキーワードを詰め込んで
タイトル付けをすることで、属性の合ったアクセスが見込めます。

ただし、通常初心者がビックキーワードで検索上位を狙っても
中々そのワードで上位に表示させることは難しいので、

その際は、よりターゲットを絞り込み
複合キーワードでの上位を狙う方が効果的です。

メインとなるキーワードから
関連した検索数が多い複合キーワードを探す際には、
以下のサイトのキーワードアドバイスツールが役立ちます。

フェレット+


このフェレット+では無料登録することで、

・キーワードや関連キーワードの月間検索回数
・自身のサイトやライバルサイトのSEO分析
・インターネットで検索されているキーワードのランキング

などなど、ブロガー・アフィリエイターに必要な情報収集が無料で行えます。
スポンサーサイト

SEOを考えたブログ記事のタイトルについて

ブログでアフィリエイトを行う上においても
検索エンジンからのアクセスは比較的濃いアクセスが見込めると言うことは
以前、記事でお伝え致しました。

【過去記事】
ブログアフィリエイトもSEO対策は必要か…

ブログを含めウェブサイトを運営する上で
SEOを考えるのであれば、ウェブサイト自体のタイトルも重要ですが、

それぞれ、記事のテーマごとに
検索エンジンからのアクセスを見込むのであれば、
記事ごとのタイトルも重要となります。


ブログの傾向としましては、
新たに記事を更新した場合、

ランキングサイトからのアクセスが多くを占めます。

ランキングサイトによっては、
新着記事を更新しているところもありますので
そこからのアクセスを狙うことを目的とした場合は、

思わずクリックしてみたくなるような
魅力的なタイトルを付けると、アクセスアップに繋がることがありますが、

この場合は、1日2日と過ぎていくと
新着記事はドンドン更新されていきますし
情報に新しさが感じられなくなりますので、
アクセスアップは比較的一時的なものになってしまいます。


それに比べ、検索エンジンからのアクセスは、
知りたい情報を求め、そのキーワードを入れて検索してくる場合が多い為、
情報に古い新しいは、さほど関係ありません。


なので、検索エンジンからのアクセスを意識した
SEO対策を考えた記事のタイトル付けをすることは、

ランキングサイトからのアクセスのような瞬発力はありませんが、
検索上位に表示されると、比較的長期に渡ってその記事へのアクセスが見込めます。


例えば、


1日たった3分の作業で日給3万円!


○○○の検証と評価



1つの例ですが
この例えが良いか悪いかは別として…(苦笑

最初にあげた例は、パッと見た感じ興味を引くタイトルかと思いますが、
SEO対策を考えて付けたタイトルは、
その内容を知りたい方が検索するであろうキーワードを絞り込んで
(ここでの○○○は例えば商材のタイトル)
詰め込んだタイトルになっています。


検索数の多い複合キーワードを探すなら
キーワードアドバイスツールについて

そして!

このSEO対策を意識した記事タイトルの効果を発揮させる為には
ここからが最も重要なのですが…


検索エンジンの検索結果にリンク付きの大文字の見出し部分は、
htmlの<title>~</title>の間の文章が表示されます。
(ブラウザ上では、ブラウザの一番右上の部分です)

多くの方は、このタイトルの文章を見て
クリックするかどうかを判断する傾向にありますので、

通常、ブログのタイトルが記述されているこの部分に
記事別に、記事タイトルが表示されるように設定する必要があります。

最近では、初期設定で記事タイトルも
表示されるテンプレートが多いようですが、

もしも、あなたが今ご利用のテンプレートが
現在どのページもtitle部分にブログタイトルが表示されるのであれば

htmlの<title>~</title>部分を
少し変更する必要があります。


カスタマイズ方法はいくつかありますが、
ここでは1番簡単なものを説明致します。

変更タグは以下の通りです。

<title><!--not_index_area--><%sub_title> | <!--/not_index_area--><%blog_name></title>

<%sub_title>が、記事タイトルです。

<%blog_name>は、ブログタイトルになります。


この設定は、過去記事
トップページにのみ表示、又はサブページにのみ表示させる方法の応用編になります。


この設定にすると、記事別にタイトルの表示が変わりますので、
検索結果の見出しにも反映されます。

因みに、以下の設定にすると
<title><!--not_index_area--><%sub_title> | <!--/not_index_area--><!--index_area--><%blog_name><!--/index_area--></title>

トップページはブログタイトル、
サブページは、記事タイトルのみとなります。

上記タグは、そのままコピペしてご利用して頂いて構いません。
あとその際、宜しければこのブログをリンクして頂ければ嬉しいです^^。


これまで勢いでタイトル付けを行っていた方は、
SEO対策を考えたウェブサイト運営を考えるのであれば、
記事のタイトル付けも少し考えてみては如何でしょうか。

検索順位チェックツール

SEO対策を日々講じていると頻繁にチェックしたくなるのが
狙ったキーワードで現在グーグルとヤフーで何位に位置しているのか。

特に、立ち上げたばかりのブログの場合
記事の量や内容、全体のコンテンツの充実度によって
日々順位が変動したりします。

検索順位をチェックするサイトはいくつかありますが、
今回紹介するのは、ダウンロードして無料で利用できる検索順位チェックツールです。


検索順位チェックツールGRC
このツールは、合計5項目(3サイトまで)登録できて
ワンクリックで1日1回、Google、Yahoo!、Bingの検索順位と
過去8ヶ月間の順位の推移を確認することが出来ます。


KEYWORD RANKING
このツールは、5サイト各10キーワード登録でき
ワンクリックでGoogle、Yahoo!それぞれの検索順位の確認が出来ます。
※アクセスしたページを下にスクロールすると
 KEYWORD RANKINGのダウンロード入り口があります。



どちらも一長一短ありますが、無料で利用できますので
SEO対策に力を入れている方は手軽に順位をチェックできる
各ツールを導入してみてはいかがでしょうか。

因みに、私はどちらも軽いツールですので、
両方インストールしています。

Fの法則とZの法則、人の目の動きも考慮したサイト作り

ウェブサイトを作成する上で、
綺麗や可愛いといったデザインも大切ですが、

訪問者にしっかり伝えたい内容を見せる為に
コンテンツの配置や構成も考えたサイト構築も重要です。

そのためには、人間の目の動きの傾向を考慮してコンテンツを配置し、
効率的に誘導することを考える必要があります。

ウェブページを見る人の目の動きには、
一定のパターンがあると言われています。

Fの法則とZの法則です。


多くの人は、ウェブサイトを以下のような順を追って見ていく傾向にあります。

Fの法則
Fの法則

Zの法則
Zの法則


まず、訪問者はページ上部のエリアを左から右へと水平に視線を移動させ、
次に下へと移動しながら、コンテンツに目を通していくようで
1ページで重要なコンテンツを見つけるまでの
この1連の行動を大体2~3秒で行っているということらしいです。

まぁ、ブログの運営にあまり難しいことは必要ないかもしれませんが、

このことから、左上が1番目に付きやすいと言う事がわかります。

特に見せたいコンテンツは左上
アフィリエイト広告なども、右下より左上のほうがクリック率が高いです。
(私の過去の経験からもこれは言える事です)

この点も考慮して左右のプラグインの配置を考えると
ウェブサイト全体のクリック数や滞在時間が増えると思います。

また、アフィリエイト広告に関して言えば
ブログの特徴を活かし、記事下や上にバナーを配置するのも効果的です。

記事に関連した広告であれば、
読んだ方が自然な流れでクリックしてくれる可能性が高まります。


【関連記事】
記事の下に広告を表示させる方法はこちら
記事の下部に表示させる方法

FC2ブログの自動表示される広告を消す方法はこちら
FC2ブログの記事下に表示される広告を消す方法

トップページのみ、又はサブページのみに表示させる方法はこちら
トップページにのみ表示、又はサブページにのみ表示させる方法

FC2ブログの記事下に表示される広告を消す方法

●FC2ブログで記事の下に出る広告を消す方法

管理画面から環境設定の変更を選択

⇒ブログの設定⇒アカマイ設定と選択し

高速表示設定(アカマイ利用設定)の、『利用しない&広告を表示しない』を選択すると

約1週間程度で広告が表示されなくなります。


これは、もともとブログをストレス無く表示させるかわりに
FC2側で広告を表示させますよってものですが、
Javaや画像を多用して特別重くない限りは
1日数百人くらいの訪問者数でも、
それほどストレスは感じられなく表示されます。

また、アフィリエイトバナーなど独自で貼り付けている場合は、
目に付きやすい記事下の広告はクリックの分散にも繋がりやすいので、
余計な出口は消しておくに越したことはありません。


FC2広告の表示を消して、
同じように記事下に独自のタグを表示させる方法はこちら
記事の下部に表示させる方法

アクセスランキング

リンク先から自サイトへのアクセスランキングを表示するパーツの紹介です。

このランキングを公開することに対しては
一長一短あり、良い悪いは一概には言えないのですが、

一つは、アクセスランキングを表示することにより
上位に表示された沢山自サイトへアクセスを流してくれたサイトへ
お返しにアクセスを流しやすくする目的が上げられます。

また、同じように相互リンク先のサイトとしても、
ランキングが表示されないただの相互リンク先にアクセスを流すより、
アクセスランキングが表示されているサイトへアクセスを送る方が
そのサイトからのアクセスのお返しが得られやすくなるというメリットがあります。


デメリットとまでは言えませんが、
メリットではない面としては、
訪問者に、このサイトはどこからアクセスを集めているのか
と言う部分が一目で判ってしまうという点です。


SEO対策を行う上でもアクセスアップを行う上でも、
アクセスを他のサイトへ流してくれるサイトは魅力です。

自分と同ジャンルのウェブサイトでアクセスランキングが表示されていれば、
その上位のサイトと自分のサイトも相互リンクすることが出来れば
同じようにアクセスが見込める可能性もありますので、

そういった点では、
自サイトへアクセスを流してくれるサイトを公開するのは
デメリットと言えるかもしれません。


あと、当サイトではSEO対策をテーマとしているので
あえて検索エンジンからのアクセスも
ランキングで公開していますが、
これこそメリットは一つもありませんので、
わざわざ公開する必要はありません。

アクセスランキングでは、
URLごとやアドレスごとに除外設定が出来ますので、
通常は、検索エンジンからのアクセスは公開しないのが普通です。


i2i.jp

ACR WEB


どちらも集計期間や除外アドレスなどの設定が可能

i2i.jpは、訪問者自らが登録してランキングに参加することが出来ます。

ACR WEBは、自サイトへアクセスがあれば全てカウントし、
設定や変更は全て管理者となります。


【関連記事】
サイト内にページランキングを表示させるCGIはこちら
サイト内ページランキング(記事表示ランキング)

サイト内ページランキング(記事表示ランキング)

当ブログでも現在右側に表示されていますが、

サイト内の記事のアクセスランキング

これは、サイト内のページビュー数(訪問者数ではなく表示回数)を
稼ぐ為に利用しています。

このサイト内のページランキングですが、

これは、訪問者に人気の記事を知らせることによって
訪問者一人当たりの滞在時間やページビュー数を伸ばす目的があります。

ブログのカテゴリ分けと同じような目的で利用しています。

ページビュー数を伸ばすことによって訪問者の滞在時間も増え
サイト内で1度2度とクリックすることで、
クリックすることに対しての抵抗も軽減できる為
アフィリエイトを行う上でも
ユーザーにクリックしてもらいやすくするということは
何らかのメリットが得られやすくなる傾向にあります。


当ブログでも利用しているページランキングサービスはこちら

ACR WEB

配色やサイズ、カウント方法の設定など、割と自由にカスタマイズできます。
管理画面も操作性が高いので、ネット初心者の方でも
すぐに慣れて使いこなせると思いますよ。


【関連記事】
サイト内にアクセスランキングを表示させるCGIはこちら
アクセスランキング

アクセス解析

ウェブサイトを運営する上で欠かせないアクセス解析

ただ、ウェブサイトへの訪問者をカウントするアクセスカウンターと違い
アクセス解析は、サイトへの訪問者がどこから来ているのか、

また、どんなキーワードを検索してたどり着いているのか、
そのキーワードは検索結果で何位に表示されているのか、

などなど、色々な情報が収集できる為
SEO対策を行う上で欠かせないツールです。

特に検索エンジンからのアクセスは、
ユーザーが様々なキーワードで検索しているので、
自分が思いもしないキーワードでのアクセスなど
意外と新しい発見があったりもします。

まず、サイトを開設したらアクセス解析は導入しておきたいところです。

アクセス解析の導入は、
サイトを登録してhtmlに解析タグを貼り付けるだけなので簡単です。

アクセス解析は様々なサービスがあり、
どれも一長一短ありますが、

私がこれまで試した中で使えるものを
いくつかご紹介しますので、宜しければ参考にして頂ければと思います。


Google Analytics
 セッション・ユニークユーザー・ページビュー・平均ページビュー数
 サイト滞在時間・直帰率・新規セッション率・キーワード・参照元

 基本的な解析は勿論、
 その他流石はグーグルと言った感じでかなり事細かに分析できます。
 グーグルのアカウント登録すれば利用可能です。


Yahoo!アクセス解析
 ヤフーアクセス解析は現在BETA版ですが、
 アクセス解析としての機能は十分果たしており問題なく使えます。


忍者アクセス解析
 比較的利用されている方が多いのがこの忍者アクセス解析です。
 私も、以前利用していたことがありましたが、
 最近は解析タグを貼り付けることで表示される広告が
 目立ちすぎるので利用していません。


i2iアクセス解析
 このi2iもよく見かけますので、利用している方が多いと思います。
 基本的な解析機能は十分で使い勝手も良いです。


AccessAnalyzer
 ヤフーもグーグルも利用していますが、
 私がメインで利用しているのは、こちらのアクセスアナライザです。
 解析タグを埋め込むことで表示される広告も目立たなく
 解析結果も誤差は少ないようなのでお勧めの1つです。
 まぁ、使い慣れていると言う部分が大きいような気もしますが。


FC2アクセス解析
 FC2で始めてブログを開設した際に利用してみましたが、
 その当時は、解析結果が同時に入れていた他のツールとの誤差があり
 それっきり利用していません。
 最近は、しっかり動作しているのかわかりませんが、
 他に良いアクセス解析が沢山ありますので、
 あえてFC2のアクセス解析を使う理由は無いと思います。




アクセス解析を入れても広告が表示されないのは
Google AnalyticsYahoo!アクセス解析です。

その他は大きい小さいに関わらず広告が表示されます。

それぞれ使い勝手に多少違いがありますので一概には言えませんが、
ご自分のウェブサイトにアクセス解析を入れていない方は、

どのキーワードで検索されて来ているのか
どのサイトからの訪問が多いのかなど、

アクセス解析を導入することによって
色々とアクセスアップに繋がるヒントが得られますので、
SEO対策を行う上でアクセス解析は欠かせません。

ブログジャンキーについて

FC2は無料でアフィリエイトが可能なブログサービスとして
私も大変重宝して利用させて頂いております。

また、ブログのみならずブログのアクセスアップや
それに付随するサービスも充実しているのも魅力です。

今まで利用していなかった様々なサービスを
このブログの開設を機会に試してみたのですが…

ありました…、意味のないサービス(苦笑

ブログジャンキーです。

一昔前に話題になったトラフィックエクスチェンジと
その仕組みは似ていると思うのですが

ブログジャンキーはログインして
ブログジャンキー経由でサイトを観覧するとポイントが寄与されます。

30秒でポイントが発生し、次々とサイトを観覧することで
ポイントを稼ぐことが出来、そのポイントを沢山集めることによって
ブログジャンキー経由での自サイトへのアクセスも増えると言う仕組み

これって、30秒滞在する観覧車が通り過ぎていくだけで何か意味あるのでしょうか?

どんな物か1度試してみましたが、

サイト上部に30秒のカウントと、現在のポイントが表示され、
30秒経ったら次のブログへ飛んで、またカウントダウンの繰り返し…(苦笑

話のタネに登録してみましたが、
とても濃いアクセスを期待できるものではありませんでした。

ただ、見せ掛けでもアクセスはあるようですので…
登録してみようと言う方はどうぞ(汗

ブログジャンキー

クリック保障型アフィリエイトについて

アフィリエイトには、

無料登録、物販、クリック保障型

大きくはこの3種類に分けることが出来ると思います。

無料登録と物販には、販売する商品にもより多少異なりますが
ユーザーを販売サイトに誘導して、そこで何らかのアクションを起こしてもらう為に、
ある程度の仕組み作りが必要です。

また、保険の資料請求やクレジットカードの申込みなど
物販でも、例えばサプリメントやボディクリームなどなど、
一つの商品をとって見ても数種類、多い場合は数十種類あるため、
商品の厳選や、メリットとデメリットをユーザーにわかりやすく伝える為の
工夫も必要です。


アフィリエイターの8~9割の人が、月に5,000円の収入にも達していないという事実からも
アフィリエイトバナーを貼っていただけでは、
全く収入には結びつかないということがわかると思います。


それらに比べ、比較的収入を上げやすいのは

クリック保障型のアフィリエイトです。

クリック保障型アフィリエイトの仕組みは
ウェブページに、広告タグを貼り付けて
そのウェブページに関連性のある広告が自動的に表示され
ユーザーがクリックしたときに報酬が発生する仕組みで、

その後アクセスした先のサイトでユーザーが商品を購入してもしなくても関係なく、
広告をクリックしただけで報酬が発生するという点で
報酬が獲得しやすい仕組みと言えます。

一度、タグを貼り付けると自動的にサイトにマッチした広告が表示される為
メンテナンスフリーなのもメリットのひとつと言えます。


クリック保障型で代表的なのはグーグルアドセンスで、
最近では他にもクリック保障型のASPは複数存在します。

私も色々とこのクリック保障型アフィリエイトも試した結果
ジャンルにもよるので一概には言えませんが、

やはり、グーグルアドセンスが広告の種類も多く
尚且つ、1クリックあたりの報酬単価も高い為おススメです。


グーグルアドセンスについての記事はこちら
グーグルアドセンスについて

ただ、グーグルアドセンスは年々審査が厳しくなっていると聞いていますし、

そのサイトが扱っているジャンルによっては、
他のサービスのほうがクリック数が稼げる場合もありますので
ここでご紹介しておきますね。


マイクロアド

広告の種類は比較的多め、クリック単価も比較的高めです。


アドワイアーズ

私が利用した感じでは、マイクロアドより少しクリック単価は低めな印象を受けました。
広告数も少なめです。


ぴたっとアド

ぴたっとアドは、楽天商品の広告が掲載されます。
クリック単価は低めですが、サイトのジャンルによっては
クリック数が稼げますので、試して見る価値はありそうです。



グーグルアドセンスが、広告数・クリック単価共に1番ですが、
ブログの場合、コンテンツ量が少なかったり
アダルト系やポイントサイトでは広告が表示されません。

グーグルアドセンスについての記事はこちら
グーグルアドセンスについて


他のサービスは、審査も無く
すぐに利用できるので、全てに登録して
一定期間ごとのクリック数・クリック率を測定しながら
一番良いものを見つけていくと良いかと思います。

マイクロアド

アドワイアーズ

ぴたっとアド


ここで紹介した他にも、
クリック保障型のアフィリエイトサービスは複数ありますが、

サイトごとに使用するサービスを変えたり、
1つのサイトに複数のサービスを利用しても、

クリックが分散して、どれも最低支払い額に達せず
結局、収入にならないという結果になりますので、

広告の種類により、サイトのジャンルに合う合わないが多少ありますが、
出来るだけ良いものを見つけて、サービスも絞って利用したほうが、
収入には繋がりやすいです。

ランキングサイト

ネット銀行

便利なネットバンクはアフィリエイター必須

口座残高範囲で使用できるクレジットカード機能を備えたデビットカードは、計画的な利用がしやすく便利

最新記事

キーワード検索

プロフィール

タラコ

Name:タラコ

はじめまして^^
ブログ歴・アフィリエイト歴
約3年のタラコが、
初心者でも出来る、
テンプレートの簡単カスタマイズ方法や
SEO対策、パーツやツールなど、
アクセスアップやアフィリエイトに役立つ情報を総合的に紹介しています。


ご意見・ご質問・お問い合わせはこちら
メールフォーム

最新コメント

相互リンク

『2010年01月』について、説明しています。
ブログ初心者の無料アクセスアップ法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。