METAタグとは

ブログ初心者の無料アクセスアップ法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

METAタグとは

METAタグとは、html内の<head>領域に記述されるタグで、
普通にホームページを観覧している時に、見える部分ではありませんが、

この<head>内には、検索エンジンのクローラーが巡回したときに
検索エンジンに対し、サイトの内容を伝える為の記述をすることが出来ます。

更にはSEO対策にも有効ですので、以下の内容をしっかりと記述しておくことをお勧めします。

ロボット型検索エンジンへの対策
クローラーに対し、どこまでページを登録して巡回してもらうかを指定します。

<meta name="robots" content="all" />

allを指定すると全て許可

その他、content="ページを登録, リンクは巡回"で、個別に指定も可能です。

index - ページを登録を許可 noindex - ページを登録を禁止
follow - リンクは巡回を許可 nofollow - リンクは巡回を禁止

【例】
<meta name="robots" content="index,nofollow" />
このようにカンマで区切って表記します。



サイトの説明とキーワード

サイトの内容を説明します。
この部分は、検索結果の説明文にも表示されることがあるため、
何を伝えるサイトか、出来ればターゲットとするキーワードを含めた説明文を
わかりやすく書いておくと良いでしょう。

<meta name="description" content="サイトの内容を説明" />




サイトが重要視しているキーワードをクローラーに対し、
検索結果に反映してもらえるようにアピールします。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3" />

複数ある場合は、半角カンマで区切って記述します。
あまり多く書きすぎると逆効果になりますので、多くても5、6つ程度


サイトのタイトル
<title>タイトルを記入</title>

このタグ内に記述された文章は、プラウザの左上部のメニューバーと検索結果に表示されます。
SEO対策も含め、検索ワードを意識したタイトル付けが好ましいです。



これらのタグは全てhtmlの<head>~</head>内に記述します。
ブログのテンプレートによっては、metaタグの記述がされていない場合もありますので、
今まであまり意識したことがない方は、一度テンプレートのチェックをしてみては如何でしょうか。















管理者にだけ表示を許可する


ランキングサイト

ネット銀行

便利なネットバンクはアフィリエイター必須

口座残高範囲で使用できるクレジットカード機能を備えたデビットカードは、計画的な利用がしやすく便利

最新記事

キーワード検索

プロフィール

タラコ

Name:タラコ

はじめまして^^
ブログ歴・アフィリエイト歴
約3年のタラコが、
初心者でも出来る、
テンプレートの簡単カスタマイズ方法や
SEO対策、パーツやツールなど、
アクセスアップやアフィリエイトに役立つ情報を総合的に紹介しています。


ご意見・ご質問・お問い合わせはこちら
メールフォーム

最新コメント

相互リンク

『METAタグとは』について、説明しています。
ブログ初心者の無料アクセスアップ法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。