情報商材アフィリエイトの基本 その1

ブログ初心者の無料アクセスアップ法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報商材アフィリエイトの基本 その1

これから情報商材アフィリエイトを取り組もうとお考えの方
もう既に情報商材アフィリエイトに取り組んでいる方

もうすっかり沢山の方が情報商材のアフィリエイトを取り組んでおり
インターネット上では世界中の情報が共有できる為
情報が駆け巡るのが早く
既に業界は飽和状態とも言われていますね。

情報商材は、物販アフィリやアドセンスよりも、
商材1つあたりの単価が高いものが多く
アフィリエイト報酬も高い為、

ネットで収入を得る為の手段としては魅力的です。


ただ、その反面
ネットだからと言って簡単に稼げるイメージを持っている方も多く
初めてはすぐに挫折していく方も多いのも事実です。

情報商材では、
ネットで稼ぐ為の多くのノウハウが出回っていますが、

結局、裏技的なものや法律スレスレのものは
長く稼げるわけもなく、結局は王道と言われる手法を根底に
そこから、アイデアやアレンジを加えていくのが
長続きする秘訣ではないかと思います。


ネットというだけで意外と勘違いというか
軽視している人が多いのではないかと感じているのですが、

ネット上でも、一般のリアルビジネスでも
物を買うのは人間ということは大前提です。

この大前提を基に考えると
ネットだからと言って簡単に物が売れる
と、言うことが決してイコールとはならないことが
理解できるのではないかと思います。

更に言うと
逆に対面販売と違うので、
ネット上のみのつながりでは
よりパーソナルを出して伝えて
信頼関係を構築していく必要があります。

と、まぁあまり偉そうな事を言うつもりはありませんが…(汗


情報商材アフィリエイトで稼ぐ為の基本を
少しだけお話したいと思いますので、
少しでも参考にして頂ければと思います。


情報商材アフィリエイトで稼ぐ為には、

販売する情報商材のことを知り、
その教材を購入したことにより、
購入者は何を手に入れることが出来るのか?
と、いうことを出来る限り具体的に想像させる必要があります。

これは最もベーシックな部分ですが

基本となるのは、ブログで教材についての
レビューを読んでもらうことになるのですが、

結局、ブログだけだと弱い面もあります。

ブログは、読者主導でコチラとしては
待ちの姿勢となるからです。

コチラがどれだけ良い記事を書いても
読者はブログに訪問しなければその記事を目にすることはありません。

そのどちらかというと守りの姿勢に対し
こちらからの情報をコチラの都合で読んでもらうために
攻める仕組みの構築も大切です。

その攻めに使う道具がメルマガとなる訳です。

メルマガは、こちらから登録した方のメールボックスへ
情報を発信できるため、ブログの待ちの姿勢に対し
攻めることが出来る訳です。

しかも、メルマガは必要なければ購読解除できるため
読む読まないは読者側が選択できますので、

興味を持ってくれた方に情報を発信するわけですから
ブログよりも購読率は高いと言います。


中には、メルマガは年々開封率が下がっているからもう古いとか
強力なサイトを作れば、ブログだけでも十分とか言う方もいますが、

サイトが強力であれば、
訪問者のメールリストを獲得して
読者を囲い込むと更に強力です。


チョット長くなってしまいましたので…
続きはまた今度にしてみます(^^;



情報商材アフィリに興味を持たれた方、
また、そうじゃなくてもまだ登録していない方は、
下記リンクからアフィリエイト登録できます。


物販ASP同様お金は一切掛かりませんので、
登録しておいて損はないと思いますよ。
インフォカート
インフォトップ


因みにメルマガは、
まぐまぐ!メルマが、配信スタンド大手です。

ランキングサイト

ネット銀行

便利なネットバンクはアフィリエイター必須

口座残高範囲で使用できるクレジットカード機能を備えたデビットカードは、計画的な利用がしやすく便利

最新記事

キーワード検索

プロフィール

タラコ

Name:タラコ

はじめまして^^
ブログ歴・アフィリエイト歴
約3年のタラコが、
初心者でも出来る、
テンプレートの簡単カスタマイズ方法や
SEO対策、パーツやツールなど、
アクセスアップやアフィリエイトに役立つ情報を総合的に紹介しています。


ご意見・ご質問・お問い合わせはこちら
メールフォーム

最新コメント

相互リンク

『情報商材アフィリエイトの基本 その1』について、説明しています。
ブログ初心者の無料アクセスアップ法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。